HOME>アーカイブ>就職する場合の選び方と最低限知っておきたいこと
本

どのようなところ選んだらよいか

大学までの間で就職活動をして会社を決めておきたい人は非常に多いですが、出版業界に就職したい場合には早い段階で就職活動することが必要です。そして、可能な限り早く決めるためには会社の選び方をよくしておく必要があるでしょう。会社の選び方の基準としては、一般的な待遇を重視する人が多いですが将来性などを重視してその会社を選びましょう。特に出版業界は、電子書籍などがあるため伸びていくところと倒産してしまうところがあります。現在の待遇だけで選んでしまうと、結果的に条件は良かったかもしれませんが、将来性がなくて困ることも考えられます。それと同時に、会社のビジョンを明確に見ておくことです。ビジョンは抽象的に書かれているため、気になる場合は面接などで質問をしてみてもよいでしょう。面接官がすぐに答えられた場合にはビジョンが共有されている可能性が高く信頼できるでしょう。

知っておくとよい情報とは

大学までの間に出版業界に就職を決める場合には、様々な情報を事前に調べておく必要があります。その決め手の一つとなるのは、実際に会社にはたらいていた人の話しを聞くことです。会社で現在働いている人の情報は、会社のメリットに関して話すかもしれませんが、あまりデメリットなどを話してくれることはありません。これに対して、すでに会社を退社した人はデメリットなどの話を聞くことができます。これを聞くことにより、メリットとデメリットの両方からその会社を評価することができます。そうすると、客観的に評価をすることが可能になり結果的に良い判断材料の一つになりえます。もし、退社した人がいなければ、インターネットなどで情報を手に入れることができます。サイトに登録をすればそこに書き込みされている情報を見ることが可能になるでしょう。

広告募集中